最初は戸惑う魚の名前

寿司屋でのアルバイトの仕事を続けていくと、次第にカウンターでの仕事も任されるようになるかもしれませんね。しかしそのような時によくあるのが、魚の名前が分からないということです。魚は非常に種類が豊富であり、寿司でも多数の魚がネタとして用いられています。代表的な魚であれば知っていても、一般的にはマイナーな魚も多いです。この事から、寿司屋のアルバイトを始めたならば、魚の名前と姿は見極められるようになっておいたほうがいいです。寿司を扱う職人にとって、魚の名前や特徴を知らないというのは、なにより致命的なことです。バイトはあまり重要な仕事は任されないとはいえ、それでもれっきとした寿司屋の店員です。寿司に関する仕事に関わっていると、これまで見たこともないような魚に出会うこともあるでしょう。仕事にも慣れてきて、魚の名前を覚えるよう心がけるべきです。そのような魚の名前もはっきりと分かり、他の魚と見分けが付くようになれば、ようやく職人としての入り口に立ったということができます。一度には大量の魚の名前を覚えることはできないため、少しずつ覚えていく事が得策です。また、実際に本物を見ながら覚えれば、記憶はより確かなものになります。最初の内は魚の見分けがつかず、名前の記憶もおぼろげであるかもしれません。しかし、着実に名前を覚えていくことにより、店での仕事の中で対応できる幅が広がり、活躍するチャンスが得られるでしょう。